終身保険を見直ししたら、大幅に下がった。

2年前に生命保険を抜本的に見直ししました。
当時、私は生命保険の終身保険のみ付保していました。
これは、社会人になるときに親から、保険ぐらい加入しておけと言われて、よく考えずに加入した保険でした。
給与からの天引きであり、特に生命保険のお世話になるような事故や病気もありませんでしたので、特に気にしないまま加入を続けていました。

万歳する男性

見直しのきっかけは、生活苦でした。
結婚をして、家族を養うようになると、私の給料では生活に余裕が亡くなってきており、妻が家計を見直すという中で、保険も見直しの対象となりました。
自宅に保険代理店の担当者に来てもらい、どのような保険が良いか相談をいたしました。
すると、当時加入した保険は、適用範囲が狭く、がんになっても保険対象にならないとのこと。
また収入保障はないため、死亡ならまだしも病気になった場合だと、生活が難しくなる可能性があるとのこと。

保険会社を見直すと、ほぼ同条件で当時加入していた保険会社よりも安価になりました。当時加入していた保険会社は、担当者が自宅訪問していただけるような手厚いサービスがありましたが、今回の保険会社はそのようなサービスが無い分、人件費がかからず、安価であるとのこと。
見直しにより浮いた金額で、収入保障の保険も加入でき、それでも当時の終身保険よりも安価に抑えられました。
何事も適宜確認することが必要だと痛感しました。

カテゴリー: お金の話 パーマリンク