欲しいものをプレゼントしてもらう喜び

大学生の頃に、付き合っていた彼氏にプレゼントされた話です。
付き合って初めてのクリスマスに、彼から、今欲しいものある?と直接聞かれました。
私はその時、ちょうどお財布が欲しくて、そのことを彼に伝えました。

カラフルな財布
彼は、私がどんなタイプのお財布が好みかというのは、普段のデートなどで、一緒に買い物によく出かけていたので、知り尽くしていたと思います。
なので、特に詳しく、欲しいお財布のタイプを伝えることもなく、クリスマスを迎えました。
彼は私の家に来てくれて、プレゼントを渡してくれました。

開けると、私がリクエストした通りお財布で、私の大好きなブランド。
サイズ感も私の好みにぴったりのお財布が出てきました。
さすが、よく見ていてくれているんだな、と嬉しく思いました。
また、お財布と一緒に、お財布とおそろいのパスケースも入っていました。

おそろいというところがまた、私の好きな感じなので、こちらはサプライズみたいな喜びを感じました。
やっぱり、自分の好みをわかってくれて、ピンポイントでおしゃれなプレゼントをしてくれるのは、かなり好印象で、更に彼のことが大好きになりました。
もらうプレゼントによっては、がっかりしてしまうシチュエーションもあるかと思いますが、私の彼は、センスが良くて助かってます。

カテゴリー: お金の話 パーマリンク